いつでもおいしい水を飲める

好きなドリンクを飲もう

仕事中に、コーヒーやお茶を飲む人が多いです。
これまでは自動販売機やコンビニ、近所のカフェでドリンクを買っていたかもしれませんね。
しかしウォーターサーバーがあれば、いつでも好きな時にコーヒーやお茶を淹れられます。
おいしいドリンクがあると、さらに仕事が効率良く進むでしょう。
また、会社にお客さんが来ることが想定されます。
その時にお湯が出るウォーターサーバーだと、すばやくコーヒーを提供できるので待たせることがありません。
それも、ウォーターサーバーを設置するメリットです。

導入が決まったら、どこにウォーターサーバーを置くのか決めてください。
休憩室に置くと、自然と社員同士がコミュニケーションを取る機会が増えます。
もっと社員が仲良くなって、仕事を円滑に進められる面もメリットです。
さらに、水を飲む習慣を作れる面も嬉しいですね。
清涼飲料水は砂糖や添加物が多く含まれており、あまり身体に良いとは言えません。
この機会にウォーターサーバーを導入し、水を飲む習慣を会社全体で作りましょう。

会社にウォーターサーバーがなく、自動販売機がある状態だとペットボトルや缶のゴミが増えてしまいます。
それでは地球環境に悪い影響を与えるので、ウォーターサーバーを設置してください。
そして社員に、マグカップを持参するように伝えましょう。
すると、ゴミの削減に効果を発揮できます。
お気に入りのマグカップがあると、仕事に対するモチベーションも高まると思います。

ウォーターサーバーがあった方が良い

ドリンクを飲みながら仕事をすると、はかどりますし気軽に気分転換ができます。 ですからコーヒーやお茶は、仕事をする時に欠かせない存在だと言えるでしょう。 社員が自分の好きなタイミングでそのようなドリンクを淹れられるよう、ウォーターサーバーを設置してください。

休憩室に設置しよう

ウォーターサーバーがあると、社員は積極的に休憩室を使ってくれるでしょう。 複数の社員が集まり、会話をしたり意見交換をしたりできる空間が生まれます。 自然と社員同士のコミュニケーションに繋がる面もメリットなので、休憩室に設置することをおすすめします。

マグカップを使う取り組み

これから会社にウォーターサーバーを設置するなら紙コップなどを置くのではなく、社員に好きなマグカップを持たせてください。 すると、ゴミの削減に効果的です。 紙コップを使うとせっかくウォーターサーバーにしてもゴミが増え続けるので、環境にメリットがありません。